トルコ

ドゥバヤジット

トルコing

 ノアの箱舟伝説で有名なアララット山の麓の街ドゥバヤジット、イランとの国境の街。町を一歩出ると荒涼とした土地が続き、最果ての感じです。クルド人の遺跡:イサク・パシャ宮殿、世界第2位といわれる隕石の穴:メチュル・ホール、ノアの箱舟跡?といわれる岩などが名所です。いずれも離れた場所にあるので、タクシーで廻るか、夏場ならツアーバスを利用するのがいいです。
 
 イサクパシャ宮殿街の東5kmの山腹にあるクルド人の宮殿です。17世紀にこの地を支配したイサク・パシャによって建設がはじまり、1784年に孫のメフメット・パシャが完成させました。宮殿からは、ドゥバヤジット周辺を見渡せ眺めが素晴らしいです。近くには、要塞があります。
 
 メチュル・ホール隕石の穴です。トルコでは、世界第2位の大きさといわれています。街から35kmの所で、イランとの国境検問所の近くにあります。直径35m、深さ60mです。隕石の穴にしては、直径よりも深い穴ってのが気になります。なんとなく、井戸という印象です。
 
 アール・ダァ(アララット山)ノアの箱舟が流れ着いたとされる山です。ドゥバヤジットの近郊26kmの所には、ノアの箱舟が埋まっているといわれる場所もあります。地形が箱型になっているだけで、実際には何も無いらしい。。。アララット山は標高5137mもある一級品の山なので素人は登れません。アララット山の右側には、小アララット山(標高3896m)と呼ばれる山がそびえています。富士山型で形のいい山です。
 

町の人と羊

羊飼いの少年

子供たち
 
 「遠くへ来たもんだ」と感じた風景。イサクパシャ宮殿から
ドゥバヤジット

Copyright © 2005-2009 Turkeying. all rights reserved.