トルコ

キュタフヤ

トルコing

 キュタフヤは、トルコのなかでも有数の古い歴史をもつ町です。今でも、トルコの昔ながらの習慣が日々の生活のなかに残されており、また、城やモスク、神学校、浴場、集落、お墓、住居など、オスマン時代の貴重な建築物も見ることができます。モスクのなかでは、特に14世紀に建てられたウルモスクが一見の価値ありです。
 キュタフヤ城からは、町の西側の素晴しい眺めが一望できます。14世紀には神学校として使われていたキュタフヤ考古学博物館には、民芸品、ローマとビザンティン時代の遺産、イズニックとキュタフヤで作られたオスマン時代のタイルが展示されています。19世紀のハンガリーの英雄、ラウス・コシュートが家族と共に住んでいた家屋は、コシュートに関する遺物や書物が展示されているコシュート博物館として使われています。
 16世紀から17世紀にかけて、 キュタフヤ のキルン(窯)からエキゾチックな陶磁器が生まれました。今日でもその技術は受け継がれており、作業場を覗くと熟練した職人が乳白色の下地にコバルト・ブルーのパターンで知られるタイルやお皿、ボールを制作している姿を見ることができます。
 キュタフヤの南東には、劇場やスタジアム、ゼウス神殿が残るローマの都市 チャヴダールヒサール(アエザニ) があります。同じくキュタフヤの南東のムラット山では、爽快な風景のなかにキャンプ場や温泉があります。また、ドゥムルプナール の近くには バシュコムタン国立公園 と独立戦争の記念碑があります。
 
キュタフヤ
 
 

Copyright © 2005-2009 Turkeying. all rights reserved.